おすすめサプリは低分子フコイダン

近年、高カロリーの食事など欧米の生活習慣が一般的になったからか、日本のガン罹患率が年々増えています。正常な細胞の遺伝子が傷つくなどして発生したガン細胞が増殖して腫瘍化したものです。ガン細胞が体内で増殖することにより、さまざまな臓器で機能低下を引き起こします。
手術、抗がん剤治療、放射線治療など選択できる治療法が増え、治療技術も昔と比べてかなり治療法が進んだガンですが、まだまだ治療が難しい病気であることには変わりありません。
さて、近年ではさまざまな物質がサプリメントとして世の中に提供されている中、ガン抑制効果があると言われている健康食品があります。それがフコイダン。
日本癌学会など、国内外の学会、研究機関によってそのガン抑制効果が認められています。

免疫強化とアポトーシス効果がガン抑制

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの海藻類に多く含まれる多糖類です。そのガン抑制効果としては、免疫強化とアポトーシス効果が知られています。
健康な人の体内でも常にガン細胞が発生しているのですが、普段は体内の免疫細胞がガン細胞を見つけ次第、退治してくれるのですが、体力低下などで免疫機能が衰えたり、あるいは、ガン細胞の増殖スピードが速いと免疫機能が追いつかなくなり、ガン細胞の増殖を抑えきれなくなります。しかし、この免疫機能を強化することでガンを効果的に抑制することが可能となります。
また、本来、ガン細胞は正常な細胞のように自然に死滅する機能がありません。そのため、放置するとどんどん増殖して抑えきれなくなります。このガン細胞を自然に死に至らしめてしまうのがアポトーシス効果です。

効果的に体内に摂取するなら低分子サプリメントがおすすめ

このようにガン抑制に効果があると言われるフコイダンですが、どんなサプリメントでもいいというわけではありません。
この物質は多糖類であり、元来、分子量が1万以上と非常に大きい高分子物質です。その分子量が大きい状態のままで体内に摂取したのでは、胃や小腸などの消化器で吸収することができず、体内に取り入れることができません。
確実に体内に吸収するには、低分子の状態で摂取することが必要です。なお、高分子の物質をぶつ切りにして低分子にしただけでは、本来の機能が損なわれてしまうおそれがありますが、近年、製造技術が工夫され、ガン抑制機能を低下させることなく低分子化を実現できるようになりました。
例えば、分子量が500以下という、非常に低い分子量の製品も提供されています。